ごあいさつ

こんにちは、長尾たかしです。
この度は皆様の温かいご支援により、再び国政の場で働けることになりました。 議員として復帰できましたことに感謝申し上げます。

さて、私が離れていました2年間の間に様々なことがございました。
消費税増税や沖縄基地問題、憲法改正論と上げればキリがありませんが、やはり第一に考えなければいけないのは景気の問題です。

アベノミクスといわれる景気対策を開始してはや2年が過ぎました。あの政権交代以降、確実に景気は回復してきております。しかしまだまだ道半ばであり、地方隅々までその効果が波及しているとは言えない状態であるのも確かです。その上、昨年には消費税の増税もありまして、景気回復も足踏み状態にあるといっても良いでしょう。

しかし、ここで諦めるわけにはいきません。再来年に再度増税のお願いをしている以上それまでに確実な景気回復をしていかねばなりません。そのためにはスピーディーな政策が求められます。

私、長尾たかしはこの景気回復を第一に考えスピーディーかつ確実な景気回復を目指し、粉骨砕身の思いで国政の場に皆様のご意見を届けたいと思っております。

そのためには皆様のご指導、ご鞭撻が不可欠でございます。どうか私の思いを実行するために、皆様のお力をお貸しくださいますよう、ここにお願い申し上げます。

私の想いへ

長尾たかし執筆書籍

マスコミと政治家が隠蔽する中国

本書は、東アジア情勢について鋭い論議をつづけてきた、前衆議院議院の著者が、およそ近代国家とはいいがたき中国の内情を暴露していく。

ここまで危険な国家がなぜ日本では正常に報じられないのか? 誰がその真実を隠蔽しようとしているのか?政治家ならではの経験から、中国の真実を巧妙に隠してきた日本国内での知られざる親中派の暗躍を白日のもとに晒す!

"最も信頼し期待する政治家の一人、長尾敬氏が日本人とは異質の中国人や、日本における親中派の動きを描いた。中国という国を知るのに必読の書である。"
ジャーナリスト 櫻井よしこ